幻のチーズカチョカヴァロはまさに幻のテイスト!

極秘通信:
諸君、わたくし今回レアの代名詞ともいえる
「花畑牧場の幻のチーズカチョカヴァロ」を入手したであります!
故に早速その幻度について報告するであります!!

幻のチーズカチョカヴァロ
幻のチーズカチョカヴァロ
なんともラヴリー
なんともラヴリーなお姿

さてこのカチョカヴァロどのように食するのがベストだろうか?
と考えてたら公式ページでこう書いてありました。

公式ページより抜粋
田中義剛が提案するのは「焼きチーズ!」
よく熱したフライパンに、くし型にカットしたカチョカヴァロを焼きます。強火ですばやく焼くのがポイント!外はサクサク、中はモッチモチの食感をお試しください!

おう了解であります!早速がっちり熱したフライパンでチーズを焼くであります!!
さっと火を通すとそこには表面がきつね色になったチーズが「eat me!」と言わんばかりの
オーラを放ってボクを待ち構えていました。我慢の限界、口にカチョカヴァロを運び込むと・・・・

「をぅふっ!なんだこの食感&ジューシーっぷりはッ!!」

人生生きてきた中で食べたどのチーズとも異なる食感!いったいこれは?
とろーりチーズ? 否!
クリーミー? 否否!
もうそんなレベルの話じゃないんですよ!
しっかりとした歯ごたえでありながら口のなかにあふるる濃厚な肉汁(チーズですがw)
これって乳脂肪分 いや、脂肪よりも上品で口の中にクリアに広がるこの味は全く未知なる領域!!
「ああ、この透明で上品な味・・なんともまぁ贅沢な気分になっちゃいますww」

チーズですがチーズにあらずそんな新世代チーズそれが「花畑牧場の幻のチーズカチョカヴァロ」
機会があれば是非ご賞味していただきたい!!

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です