飲み会のゼロ地点、チャオチャオ!

「飲み会スタートまでちょっと時間あるけど、どうしようか・・・・」
そんな時ってないですか?
ボクの場合は結構あって・・つか、飲み会の都度そんな時間を作ってます。
それは短時間ながらもちょっと一杯飲みたいから、そしてほぼ毎回行く店がココ!
「餃子専門店 餃々[ チャオチャオ ] 仙台駅前店」
そう!飲み会はここからスタート、ゼロ地点なんですよ!!
いよぉぉし!0次会スタァァァトォォ!!
これからだっていうのに、一人だけ出来上がっててタチ悪いですね・・・・

さてこちらのチャオチャオ、来るたびに注文するのがー

「もやしナムル」 290円 地味ですがクセになるんですよねー
ごま油とニンニク、ネギがもやしに絡んで知らず知らずのうちにハシを運んじゃいます。
ビールとの相性も最高潮で隠れた前菜のキングじゃないかと。

そして次は敢えてメインのチャオチャオ餃子ではなくー

「イベリコ豚の餃子」 480円 その味たるや草原の優しき風か!
だってさイベリコですよイベリコ豚!
スペイン産の黒豚でおもにドングリを食べて育ち、
その身はオレイン酸を沢山含んだ霜降りの黒豚、それがイベリコ豚ですよ、奥さん!!
それが食べれるだなんて・・・・ああ~
その夢の食材はこんがりと焼かれシャンとしたドレスの中に隠され、
艶やかな緑色の下着と相まってその姿彩る。
狂おしくも美しいその食材を口の中にほおばると
サッパリながらも口の中に広がるしっかりとした風味、頭の中では一面に広がる草原の情景が・・
「ワンダホー」
ありがとうイベリコ豚、ありがとうチャオチャオ、
この美しさ、上品さ、味たるやもう芸術です、なんだかスペインまで行きたくなっちゃいました(w

そして最後には

「湯葉チーズ餃子」 440円 まさに餃子レボリューション
湯葉餃子なんてアリなのか?しかもチーズだし。
そもそも湯葉ってのは和食に合いそうな・・・まぁ食ってみるか・・・もぐもぐ・・・・
「あ、有りだ。、つかマジうめえええええええ!!」
湯葉の繊細な皮膜が餃子の具をそっと包み、
その内に秘めたる繊細さを悟られぬようにチーズのコートを羽織る。
そして味はチーズの濃密さと湯葉の繊細さが折り重り、口の中でそっとほどけていく。
「嗚呼、素晴らしき食材のボーダレス!」
皆異なる国の食材なのにココまで溶け合って一つの料理を作り上げるとは・・・
正直感動しました、ホント餃子って無限の可能性を秘めてますね。
と、飲み会の前にしては暴飲暴食気味ですがこの値段、うまさらならば仕方なし!
もしアナタが飲み会の0次会やちょっと一杯引っかけていくべーそんな気分の時は
「餃子専門店 餃々[ チャオチャオ ] 仙台駅前店」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

チャオチャオ 仙台駅前店 (餃子 / あおば通、仙台、広瀬通)
★★★★ 4.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です