仙台で過ごす沖縄時間 ~三線とともに~

ぶっちゃけ仙台にいながら沖縄生活が出来ないだろうか?
「ああ、ついにおかしくなったか・・・」
そんな声が聞こえてきそうですが、ボクは至って本気です。
そもそもなんでこんなに沖縄にこだわるのかというと、
沖縄の料理、独特のゆったりとした時間の流れが、
ずっとボクの心をわしづかみして離してくれないからなんです。
とはいえ現実的にそれは不可能、しかしながら感じる事はできるはず!この
「間」 あわい
でねっ!
店内でのんびりと流れる時間、聞こえる三線、やさしくおいしい沖縄料理
そう!このお店には沖縄のその空気があるんです!
そしてコチラのお店で是非オススメしたいのが、

「タコライス」
ボクの沖縄料理のルーチンワークともいえる料理の一つで、
タコスの中身がごはんの上に乗っかっているんです。
「ええ?タコス?」
そう思う人もいるかと思いますが、食わず嫌いは食人生の無駄遣い、
偏見は捨てて自分の口で確かめてください、マジうまいですから!
ぴりっと辛いサルサソースがチーズと絡み、そして挽肉が深い味を描く、
それらが演奏するうまさのオーケストラはスタンディングオベーションものです。
コーヒー泡盛を飲みながら聞く三線、目をつぶればそこには沖縄の青い海、
優しい波の音がボクを包んでくれるそんな気さえしてきます。
驚くスピードで進んでいく社会、
そんなスピードに嫌気をさしたそんな時は「間」 で沖縄時間に包まれてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です