アジアンロマンティックモードクライマックス!!

「ただ、ただ無性にナシゴレンが食いたい!」 
脳内にそんなアジアーンスイッチがあるwolfです。
このスイッチは定期的にONになって、ボクの胃袋を苦しめてくれやがります。
今回はアジアーン欲を満足させるべく、仙台駅前にある
「BALI’S BAR」  地図・クーポンはコチラ
に行ってきました。
まずね席に通されびっくりっす!

なんだ!このプライベート空間は?
夜にこの席でお酒なんか飲んじゃった日にゃぁ、
「この後どうなってちゃってもいいですよ、ボク」
そんなロマンティックモード全開になっちゃいます。
いいよ!いいよ!カップルシート!! この空間まさにエロス!!
こりゃぁいざって時には活用せねば・・・・・
さて今回メニューを見ても悩むことなく「エビナシゴレン」を注文!
ランチタイムなのでサラダ、スープ、漬け物、プチ棒々鶏付きの豪華仕様! 
ビバランチタイム!!

これぞランチタイムの醍醐味!
サラダやスープでで小腹をみたしていると、
ついに待ち望んだ主役が登場!

「エビナシゴレン」 エ、エビが美しい・・・・
そもそもナシゴレンとは 「ナシ=ごはん」 「ゴレン=炒める。揚げる」 の意味で
ようはインドネシア風チャーハンの事なんです。
サンバルの深く味のある辛さとケチャップマニスで味付けされたチャーハン、
コレに半熟のたまごをかきませて食べるその味といったらもう~
「国が変わればチャーハンもこんなに違いが出るのか!」
と思うぐらい虜になる味なんです、ボクの場合はもう
「ナシゴレンの奴隷」 
といってもなんら過言ではないっすよ、もう!!
ナシゴレンには付きもののエビせんべいの食感も口の中をプチリセットしてくれます。
そんなインドネシア料理を満喫した後は~

ホットコーヒーでランチを締める。
 
カップと皿がガゼボ【洋風東屋】を感じさせてくれます、
「いま、南国の風が吹いた?」 そんな錯覚さえ感じそうです。
さて、これだけアジアンテイストを満喫したボクですが、気になるのはお値段。
なんと!これだけ食べて650円
もう脱帽・・・
平日のランチタイム、これだけ現実世界を忘れさせてくれるだなんて、ありがとう。
おかげで午後から働く気力は0です!ああ、かえりたくない~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です