マンガ+カフェめしでまったりと

そう、その店はマンガ喫茶が世間に広まる前から存在し、
ボクにとってのマンガ喫茶の原点ともいえる店・・・・その名は
「タピオラ」 地図はコチラ
そう!その店は仙台駅裏に古くからあり、
お金がないボクのおなかと読書欲をいっつも満腹にしてくれてました。

この看板が目印、お店は脇の階段を上って2階になります。

スパゲッティとピラフと書いてありますが、カレーも美味しいのでオヌヌメ。
さて、この 「タピオラ」 置いてあるマンガの数はマンガ喫茶ほどではありませんが、
なかなかツボを突くようなラインナップになっています。
そんなボクがついつい読んじゃうのがゴルゴ13
ある意味タピオラに来たときのルーチンワークになってしまいました(w
そんなわけでお気に入りのマンガ本を片手に早速注文を、
カレーにするか迷うところですが、今回は店の名を冠す
「タピオラ風ピラフ」
を注文!+280円でセットメニュー (サラダorヨーグルトドリンク+ドリンク)にもできます
栄養バランスと愛する食後のコーヒーの為「タピオラ風ピラフセット」で注文しました。

フレンチドレッシングとミカンの組み合ナツカシス

コレがタピオラピラフ!!
シメジとアサリのホワイトソースピラフなんですよ!
ホワイトソースのピラフって今まで食べたことなくて、初めて食べたときは衝撃が走りました。
そんな懐かしき思い出を心に浮かべつつ、ピラフを口に運ぶと・・・・
「おうふっ! くりいみぃぃぃぃ!!」
アサリのうまみがホワイトソースと優しく絡み合い、
まったりと濃い風味が口の中に広がっていきます。
さらに特筆すべきは盛りの良さ! いつもおなかいっぱいにさせてくれるんですよ!
そして食べ終わると運ばれてくるドリンク、そのコーヒーを飲みながら読むマンガ・・・・
「コーヒーの煙と苦さが午後の青空に溶けていくよう」
ああ、なんて素晴らしいんだ!!!
これこそ喫茶店のあるべき姿ではないだろうか?
ホント「タピオラ」 の帰り道はいつも心とおなかが満腹ですよ、いつもありがとうございます!!
しかしながらボクがゴルゴ13を読み終わる日は来るのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です