三陸、旬の魚介との壮絶バトル

さて、送別会シーズンも最終段階!
お世話になった人を快く送り出すために今回は
「郷土料理 心平」 
に行って参りました。
こちらのお店「郷土料理」の名を持つだけに、
「三陸、旬の魚介を味わい尽くせちゃう! (;゚∀゚)=3ムッハー」 
そんな「三陸魚介地獄責め」的なお店です。
 
で、今回の料理はコース料理 (内容はコチラ) 
ホントに大人数の飲み会にはコース料理がいいですよねぇ~
なにせ注文取らなくてイイし、会計も分かりやすいですから。
さてさて、最初はコチラの方々が登場、

たこの桜煮と日替わり小鉢(ブリ大根)
告白します
「まぁね、ボクもたかをくくってたわけなんですよ、何せお通しですからね」
「そんな軽い気持ちで食べた訳なんですよ、そしたらもうね・・・」
「ブリうめぇぇぇぇーーーー!」 
「噛むほどにわき出るブリのうまさ」
「この味のスペックって寒ブリ?それとも三陸産?えええええ?」
「なんにしてもありえませんからッ!」
「コレお通し、つか一品目でしょ!」
一品目にしてこのクオリティ・・・恐るべし心平(;゚Д゚)
そんな驚愕のボクを横目にしながら次の敵が登場!

天然鯛と活たこのしゃぶしゃぶ
「えー タイしゃぶなんて生まれて初めてです」 
「どうしたらいいんでしょうか?ボクは」
そんな初体験を体験しながら、
花どんこや昆布でダシが取れお湯の中にタイを~
しゃぶ
しゃぶ
しゃぶ
鍋の中で純白のタイがくねくねと身悶えます(;゚∀゚)=3ハァハァ
そんな艶めかしいタイを口の中にほおばると~
「ハイキタ! うまーーーーーーーーッ!」

タイの繊細な味、タコの食感、
あああこれはポン酢以外の選択肢がありませんよぉ!
もう止まりません!
その後は何かに取り憑かれたかのようにしゃぶしゃぶ三昧ですよ!
怪しいですね、ハイ。
その後の料理もすばらしく、ここには書ききれないほどのクオリティで
「これでもかっ!」って言うぐらいボクのおなかを満足させてくれました。
そしてコチラのお店、
味だけならずコース料理の出てくるタイミングが秀逸すぎです!
普通コース料理って言うのは、結構待たされるもんなんですよ。
だがしかし!ここの段取りの良さといったら
「いままで行った店の中では最強かも!」 
大事な人を招待して食事なんかもいいですね。
そして、最後に店を出て思いました、
こんなにステキな魚介だ食べられるだなんて・・・
「ボクは東北の人で良かったよぉ~」

と嗚咽をあげたくなるほど満足でござりました。
ちなみに地図、クーポンはコチラ

食べログ グルメブログランキング

郷土料理 心平 (郷土料理(その他) / 勾当台公園、広瀬通、あおば通)
★★★☆☆ 3.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です